焼肉を楽しんでいただけるために❗️

2016年03月29日(火)

第1話     ところ変わればカットも変わる。

               関西カット&関東カット

みなさまが関西で食べた肩ロースは、関東ならリブロースとして提供されているかもしれない⁉️ 唐突なら話ですが、どういうことか…説明します。

実は関東と関西では枝肉を分割するルールに若干の違い頑張りある。「まえ」部分を切り離す際、13本ある肋骨のうち5本目と6本目の間でカットするのが関東。対して関西は6本目と7本目の間なのだ。

このカットで「まえ」に含まれる肩ロースと「ロイン」側のリブロースがわかれることになるので、6本目の肋骨付近の肉は関東ではリブロース、関西では肩ロースということなる部位として扱われるわけなのです。

別の見方をすれば、関東の方は肩ロースが小さくなり、その分リブロースが大きいということ。すき焼きやしゃぶしゃぶなどリブロースを扱う高級レストランが多い関東だけに、少しでもリブロースが大きくなるカット規格肉はした……などと考えることもできるが❓果たして本当はどうなんだろう⁉️

  

«
ホーム
»

鶴橋ホルモンではお問い合わせ、ご予約を随時受け付けております。

ご予約の場合は空き状況を確認いたしますのでお電話で受付を行っております。

お気軽にお問い合わせください。